Category : グッズから入ったって、いいじゃん

ペースを管理してくれるランニングウォッチの選び方

走る際は、時間の把握は欠かせません。ジョギングの質を高めるためにも、ペースやトレーニングの総時間を把握し管理することは大事です。走っている人の中には専用アプリをダウンロードしスマートフォンで行っている人もいるのではないでしょうか。

しかし、汗で濡れてしまったり、重くて邪魔になったりするという声もよく聞かれます。やはりそういったことをなくすためにも、専用の『ランニングウォッチ』を買った方がいいでしょう。そこでここでは、どんな基準で選ぶべきかポイントをまとめてみました。

GPSの有無

最近の商品はGPSを搭載されたものが各メーカーから多く販売されています。走った距離や時間ペースを知らせてくれる商品。そのためランニングウォッチを選ぶときは、GPSが有あるかどうかを考えるといいでしょう。この機能があるかないかで、値段は大きく変わってきます。また、GPSウォッチがその真価を発揮するのはレースではなくトレーニングです。例として陸上競技場など距離が決まっている周回コースがあるところなら、通常のランニングウォッチで問題ありません。

しかし、多くの方は街中や河原といった距離が把握できない場所を走っていると思います。そんな場合は、GPS計測がないと走行距離やペースを管理するのは難しいです。距離やペースがトレーニングをするうえで大切になります。例えばペース走やビルドアップ走は、特にペース管理が大事です。無理をしてしまいオーバートレーニングになると、ケガや故障を引き起こしてしまうかもしれません。GPSの有無は、日頃のトレーニング環境を踏まえて考えてください。距離が把握できるコースがある場所で行っているなら、GPSは不要です。

腕に合っているかどうか

GPSウォッチは長時間身につけるため、腕へのフィット感を重視しましょう。このとき確認してほしいのが、時計本体の形状です。飛び出たボタン部分が腕に当たるなど、擦れていたくなってしまうなんてこともあります。また、大きさによっては付けたときの感覚が全然違うようです。細身のある男性か女性の場合、あまり大きいと邪魔になるかもしれません。大きいとディスプレイが広いので表示が見やすくなるでしょう。しかし、重量に比例し重くなるなどのデメリットもあります。

稼働時間も見ておこう

GPSウォッチの稼働時間は必ず検討材料として考えてください。例えば軽量化した製品は、稼働が4時間と短いものもあります。例えば100㎞マラソンにチャレンジするといった場合は、最低でも制限時間となる14時間はあったほうがいいでしょう。将来的に出場したいレースがあるならそれを視野に入れ、合っている製品を選んでください。

機能面は、モデルによって多様です。心拍や歩数、スライド、ピッチなどあり、特にGPSの製品は高機能化が目立っているようです。スマートフォンへ知らせてくれるものもあるので、スマートフォンを持ち歩いている人にも+αのアイテムとして活用できます。数多くのGPSウォッチは専用サイトやソフトウェアでトレーニング管理に役立てください。モチベーションの向上やトレーニングの改善にも使えます。ここで紹介したポイントを参考に、目的や用途に応じ自分に合っている最適なランニングウォッチを見つけてみてください。

Recommend