TOP ▶ どこで走る? どこでも! ▶ トレイルランニングにチャレンジ

トレイルランニングにチャレンジ

舗装されていない、道なき道を走るスポーツ、トレイルランニング。山野を走るワイルドなマラソンといったところでしょうか。一般的にはあまり知られていないですが、ジョギング、マラソンへと楽しみを広げている方にとっては、ネクストステップとして魅力的なのではないでしょうか。

アスファルトの上を走ると膝への負担が大きい

ジョギングをしている人の多くは、おそらく普段は舗装されている道路を走っているはず。しかし、アスファルトやコンクリートの上は長く走り続けると膝への負担などが大きいものです。毎回は無理ですが、たまには土の上を走るようにしてみましょう。

山道を走るといつもよりハードなランニングに

トレイルランニングは、欧米でさかんにおこなわれている「クロスカントリー」の要素をマラソンや登山に盛り込んだものと考えて良いでしょう。山道を走るのは普段の平地とちがってハードです。服装や持ち物も、普段とちがった装備が必要になります。

トレイルランニングには様々なタイプがありますが、山岳の登山道でのランニングが基本です。登り下り、傾斜などのタイプから色んな走行方法があります。また、草原などを走るランニングがクロスカントリーです。さらに標高2000m以上の場所を走る「スカイランニング」なんていうものもあります。これは一般人にはしんどいでしょうね。

本格的なものになるとのトレイルを走ること。2日に亘りおこなわれるものもあり、食糧や衣類も持参の上で参加することもあります。「バーティカル」という急勾配の斜面を登るものもありますが、これは映画のテーマにもなっているくらいですから、過酷な競技です。一般的なジョガーはここまで到達することはないでしょう。

高尾山などの登山が大人気ということもあり、休日は山登りにでかける方も多いと思います。健康はいつの時代も老若男女問わず気になるもの。普段歩いたり走ったりしない方の中にもそうした山で体を動かそうという方も多いはずです。

登山でゆっくり歩いている方の中に、トレイルランニングで走っている人がいるとビックリされてしまうこともあります。それどころか通常のウォーキングコースからは外れた山林から急にランナーが飛び出してきて、登山客の方にぶつかってしまうなんていう危険もあります。

健康になるためにジョギングをはじめて、怪我をしたり相手に怪我をさせたりしてしまうのは悲しいですよね。ジョギングに慣れた方は速く走りたくなりがちですが、こうした山道での走行にチャレンジする際は、くれぐれも周囲の方に気を付けてランニングを楽しみましょう。