TOP ▶ グッズから入ったって、いいじゃん ▶ ジョギング中にサングラスをかけることで得られるメリット

ジョギング中にサングラスをかけることで得られるメリット

サングラス ジョギング中のサングラスには多くのメリットがあります。体をいたわることができたり、集中力を高めたりすることができるのです。具体的にどのようなメリットがサングラスにはあるのか見ていきましょう。

紫外線を防ぐことができる

サングラスで最も効果を感じるのは紫外線の防止ではないでしょうか。朝や日中など明るい時間に走る方は、どうしても陽射しが眩しくて気になってしまいますよね。特に、夏場などはグラスをかけておかないと目が辛いはずです。

実は目というのは皮膚よりも多くの紫外線の影響を受けると言われています。UVが直接当たることもそうですし、光としての刺激もあるためです。目に紫外線を受けすぎると白内障を始めとした様々な疾患の可能性を高めたり、視力の低下を早めたりすることがあるようです。

肌であれば長袖や長ズボンを履くことで紫外線をカットすることができますが、目はそうもいきません。サングラスをかけることでしかUVを防ぐことができないんですね。せっかく健康的な体を作るためにジョギングをするのですから、目の健康にも気をかけましょう。

花粉症やホコリを防ぐ

季節によっては花粉症などで悩まされることもあります。ジョギングは外で行う運動ですから、直接その影響を受けてしまいますよね。涙や鼻水が出てしまって集中できない!息が苦しい!前が見えない!…という悩みを持つ方もいるでしょう。かといって薬を飲んで走るわけにもいきません。そういう時に役立つのがサングラスなのです。

ゴーグルタイプのものであれば上下左右あらゆるところからの花粉の侵入を防ぐことができます。涙が出ないだけでもかなり走りに集中できるのではないでしょうか。

また、地域によっては虫や砂埃、粉塵などが舞っていることもあるでしょう。そうした時もサングラスをかけておくだけでかなり快適性が上がります。鼻や口はマスクでカバーできますが、目についてはサングラスしかありません。花粉の季節だけでなく、地域の環境によってサングラスを用意しておくことも必要ではないでしょうか。

集中力を高めることができる

実はサングラスには集中力を高める効果もあります。たとえば、先述した紫外線や花粉・ホコリを軽減できるだけでかなり走りやすくなりますよね。その時点で何もしないよりは集中力が上がっていると思います。さらにそれだけでなく、サングラスの持つ2つの特徴によって精神を高める効果が生まれてきます。

一つは目の表情を読み取られないので、恥ずかしさがなくなるという点。慣れてしまえばなんてことないのですが、ジョギングのやり始めはどうしても周囲の目が気になって仕方ありません。「苦しんでいる表情を見られるのが恥ずかしい…」そんな気持でいると走ることに集中できません。しかしサングラスをかけておけば他人からの視線が気にならなくなるので、集中力が上がりやすくなるのです。

もう一つは視界の色が均一になるという点です。人間は目に映る物質のすべての色や形などを脳で分析しています。無意識的なことですが、実はこれが脳のリソースをかなり使ってしまっているんです。しかし、サングラスをかけておけば、全体が暗くなり色が均一になってきます。結果として脳のリソースに余裕ができて走ることにより集中しやすくなるのです。

このようにサングラスには様々なメリットがあります。カッコつけているわけではなく、実はちゃんとした理由があるのですね。ぜひジョギングをする時はサングラスをかけて快適に走ってください!