TOP ▶ 走れば体もすっきり~健康効果に迫る ▶ ジョギングでこだわりたいスポーツドリンクの種類と飲み方

ジョギングでこだわりたいスポーツドリンクの種類と飲み方

スポーツドリンク ジョギングをすればたくさんの汗をかきますよね。適度な発汗は美容効果があり、お肌の調子を整えることができます。また、気持よく汗をかくとストレスも一緒に流れるもので、気分もリフレッシュすることができるでしょう。

ただ、ジョギング中の脱水症状には注意が必要です。人間の体は水でできていますから、必要以上に汗をかきすぎれば体に変調をきたします。それを防ぐためにも適度な水分補給が大切なのです。そこで今回は、ジョギングでのドリンクについてちょっと考えていきます。

ただの水では足りないって本当?

水分補給というくらいですから、とりあえずミネラルウォーターを飲んでおけばいいのでは?そう思う人も少なくないかもしれません。確かに水分を摂取することは大切ですが、ただの水はエクササイズ中の補給としてはあまり良くないのです。

体を動かすと大量に出る汗は水分だけでなく、ミネラルもかなり排出してしまっています。ミネラルウォーターだけだと塩分やその他のミネラルが補給できず、体液の濃度が薄まってしまうのです。体液が薄くなると体は変調をきたします。濃度を濃くするために、逆に汗の量が増えてしまうこともあるのです。水を飲んでいるのに脱水症状になる…ミネラルウォーターはさっぱりしますが、実は危険性もはらんでいるのですね。

アイソトニックは運動前に飲んでおく!

運動に向いているドリンクはスポーツドリンクです。中でも体液に近い液体と言われているのがアイソトニック飲料と呼ばれるものになります。アイソトニックは糖質が6~8%程度含まれています。成分が血液などの体液にとても近いため、水分補給が速やかに行えます。

たとえばジョギングで大量に汗をかいた時などに飲むと、効率よく体内の水分を補給することができるでしょう。また糖質が高いので、エクササイズの前に口にしておくと、疲労が回復しやすくなるとも言われているようです。

ハイポトニックで効果的な水分補給を

スポーツドリンクにはハイポトニックと呼ばれているものもあります。こちらは糖質が2.5%程度と低めに抑えられていて、浸透圧が体液よりも低いという特徴があります。つまり簡単に言うと、少量であっても比較的素早く水分補給ができるのがハイポトニック飲料というわけですね。

アイソトニックは運動前や直後に飲むと良いですが、ハイポトニックはエクササイズの最中がベストです。汗で流れでてしまった分を素早く吸収することができ、体内の水分を一定に保つことができるでしょう。運動中に脱水症状になる…といった事態を防ぐことができるわけです。

アイソトニックとハイポトニックの見分け方は?

スポーツドリンクは大きくわけて2種類あるわけですが、これらの見分け方はどうしたらいいでしょうか?最も簡単なのは「糖質のパーセンテージ」です。2.5%であればハイポトニックですし、それ以上(目安は6%)であればアイソトニック系のスポーツドリンクということになります。

成分表示を確認すればいいだけなので、それほど難しくはないでしょう。また、アイソトニック飲料を水で薄めればハイポトニックになります。風邪の時にスポーツドリンクを薄めると良い、なんて話がありますが、これはハイポトニックにして素早い水分補給を意識しているのですね。

たくさん汗をかくジョギング、ぜひドリンクにこだわって快適なエクササイズを楽しんでみてください!