TOP ▶ 走れば体もすっきり~健康効果に迫る ▶ ジョギングの継続で末永い性生活を送ってみませんか?

ジョギングの継続で末永い性生活を送ってみませんか?

性生活 様々な健康効果を得ることができるジョギング。走るだけという単純なエクササイズですが、得られるものは本当にたくさんあります。習慣化することができれば今よりもずっと健康的な肉体を手に入れることができるでしょう。

中年以降の悩みの一つである「精力」の衰え。実はジョギングによって解消することができるかもしれません。末永く性生活を楽しむためにも、走ってみませんか?ジョギングで得られるセックス力について解説していきます。

年をとると色々と不都合が多くなる

中年世代は若いころに比べると色々と肉体的な不都合が増えてきます。たとえば階段の登り降りですぐに息が上がってしまう…多くの人が30代後半くらいから感じるようになってくることでしょう。脂肪がつきやすく痩せにくくなってきた…これは中年世代の悩みとしては最も多いものです。

こうした加齢による不都合は、運動不足や食生活の乱れといった生活習慣の悪化が原因です。ジョギングをして肉体を強化し、体の内側から健康を生み出していきたいものです。

ジョギングで得られるセックス力とは?

セックス力の低下も加齢による悩みの一つではないでしょうか。すぐに疲れて持続できない、勃起力が足りない…そうした悩みは歳とともに増えていきます。ジョギングによってどんなことが改善されていくのか、いくつかご紹介します。

筋力で安定感が増す
走ることによって足腰の筋力が高まります。それによって体幹がつくので、セックスでも安定感が増すことでしょう。たとえば、挿入時の腰の動きがリズミカルになりやすくなります。バランスが崩れにくくなるので動きをスピードアップしてもブレることが少なくなるでしょう。安定感ある挿入ができれば、女性も感じやすくなりますからセックスをするのも楽しくなるのではないでしょうか。

持続力がアップする
ジョギングによって得られるスタミナはセックスでも役立ちます。色々なアンケートで「時間をかけてエッチをしたい」という女性心理が明らかになっていますよね。しかし中年男性は体力がなく、できればさっさと終わらせたい…という人も多いのではないでしょうか。 体力をつければ愛撫や挿入などでもムダに疲れることが少なくなります。長時間のプレイでも疲労をしにくくなるので、女性も満足してくれやすくなるのです。また、心肺機能が向上するので、連続のエッチにも対応しやすくなることでしょう。

勃起力の低下を防ぐ
中年男性の大いなる悩み、それはEDです。30代後半から40代にかけて一気に患者数が増えると言われていて、勃起で悩む中年は非常に多くいるのです。勃起力は血流の良し悪しに大きく左右されます。ジョギングをすることで血管を強くたくましくすることができれば、海綿体に流れる血液の量も増えていくことでしょう。また、運動を続けることで血管の柔軟性も得られますから、ペニスへの血流も滞ることが少なくなるのです。

EDの改善というとバイアグラを思い浮かべる人も少なくないことでしょう。確かに、即効性という意味では改善薬の使用はとても効果的です。しかし、末永い性生活を支えるためには薬だけに頼るという考えはあまり良くありません。EDを予防・改善するためには、運動習慣をつけ、食生活などの見直しを行うべきなのです。そういった意味で、ジョギングは勃起力の強化、つまりセックス力の向上に効果的であるというわけですね。