TOP ▶ どこで走る? どこでも! ▶ ランニングマシンを効果的に使おう

ランニングマシンを効果的に使おう

仕事でじっと家にいる個人事業の方や、パソコンの前に1日10何時間も座っている方、さらに性格的に外に出るのが苦手な方。ジョギングなんて面倒で仕方がないという意見は良く聞きます。それでも体を動かさないとどんどん不健康になっていく一方です。外に行かなくても走る方法はあります。まずはジムに行ってランニングマシンを効果的に使いましょう。

いまどきのランニングマシンはすごい

英語での正式名称は「トレッドミル」と呼ぶランニング用のマシンですが、日本でも昔から使われていましたよね。ジムに行った人がまずはじめるのがこのマシン、かなりの進化をとげているようです。しかし色んな機能を装備していたところで自分がやることは走るだけ、という方も多いのでは。毎回同じボタンを押してばかりではつまらなくなってしまいますから、効率的に機能を使えるように見てみましょう。

テレビのチャンネルと音量だけしか知らなかった

ジョギングとウォーキングはどちらも脂肪を燃焼する運動。ですから、ランニングマシンはダイエットするのには最も効果のあるマシンなのです。走る度のカロリー消費が表示されるので、まずは走る時間や距離を設定する前に消費する目標のカロリーを設定してみましょう。どれだけ消費されたのか?最後に見てみると「ごはんお茶碗一杯」だったりすると、いったいこれまで息を切らせて走っていたのはなんだったんだ!?と腹がたつ思いですが、これが現実、と知る上でも良いかもしれません。

マシンではエクササイズの強度やスピードを調整することはもちろんのこと、段階的なトレーニングによって持続力を高めていくことができます。最初に心拍数を計り、自分に最適な運動プログラムを選んでもらいましょう。

また、スローなジョギングとスピーディーな走りをしなければならないランニング、歩く運動のウォーキングのうち、ランニングは激しいトレーニングをしたい人や減量をしたい方がチャレンジすると良いでしょう。ウォーキングは長い時間をかけて体を引き締めるのには効果的です。

さらに、走行面の傾斜を上げることで、心肺機能および筋持久力を高めることが出来ます。徐々に負荷を大きくしていくためには、ランニングでは傾斜を最高4%程度、ウォーキングではプラス3パーセントくらいにしてみると良いでしょう。傾斜面と平面、交互に試してみることをおすすめします。

観たいテレビを見ながら走るだけではあまりにもったいない、高機能なランニングマシン。最新の機能をうまく自分のジョギング生活にいかせればよいですね。ジムに行った際にはトレーナーさんに使い方を詳しく聞いてみましょう。