TOP ▶ どこで走る? どこでも! ▶ 陸上競技場でプロ気分を味わおう

陸上競技場でプロ気分を味わおう

陸上競技場あまり知られていないことですが、陸上競技場は一般市民にも広く開放されています。きちんとした条件の中でプロさながらのジョギングを楽しみたい方は、利用してみると良いでしょう。メリットや注意点と共に、陸上競技場でのジョギングについて紹介します。

高くない利用料、そしてメリット

「プロが使っている場所だし」と何やら利用料金も高そうに思える陸上競技場ですが、実際には意外にもリーズナブルです。もちろん場所によって違いはありますが、数百円の料金で使わせてもらえます。いかがでしょう? 少し、走ってみたいな、と思いませんか?

さらにメリットをいくつか紹介しましょう。陸上競技場には、ほぼ100%更衣室が設置されています。つまり、オシャレ着で競技場まで訪れ、そこでラフな格好に着替えてスポーツできるわけです。退勤後や放課後のジョギングに、とても便利なスポットと言えます。

また、大体の陸上競技場にはシャワールームもついています。これもありがたく使わせてもらいましょう。汗を流してすっきりした状態で家路に着けるのも魅力の1つです。

陸上競技場のルール

トラックは反時計回りに走るのが原則となっています。長い距離を走るときは身体への負荷も考えて逆回りに走るジョガーもいますが、初心者は避けた方がいいでしょう。もし時計回りに走るときも、一番外のレーンを走って、他のジョガーに迷惑をかけないように。

本格派ランナーたちとの交流

陸上競技場を使って走る人は、大体において本格的なランナーです。独自の目的、あるいは哲学を持って、黙々と体を動かしています。一見ストイックな人たちに見えますが、同じ「走る」という趣味を持ったランナー同士の結束は固いものです。思い切って声を掛けてみれば、仲良くなれるかもしれません。もちろん、異性との接触にも期待できます。もしプロに出会うことができれば、彼らの走り方から、テクニックを盗んでおきましょう。

「誰でも走れる」とわかっても、何となく気が引けてしまう陸上競技場。しかし、実際にコースに入ってみれば、小学生や中学生が利用していることもあります。あまり妙な警戒心は持たずに、ごく気軽に、まずはお試し的に利用してみてはいかがでしょう。