TOP ▶ どこで走る? どこでも! ▶ 室内ジョギングは工夫を凝らして

室内ジョギングは工夫を凝らして

室内ジョギングは工夫を凝らしてジョギングは、基本的に外で行うべきことでしょう。室内で走っていても風景が変わりませんし、刺激がなく、長時間走っていられません。しかし、よんどころない事情で外では走れない人も少なくないはず。ジムや自宅でのジョギングも、手段としてはアリです。

同志と共に、競い合いながら

大体のジムには、ルームランナーがたくさん並んだ一画があるはずです。ジムの中ではあまり人気のないコーナーですが、孤独にジョギングしたい方にはぴったりでしょう。しかし、殺風景な室内では、なかなか長く走り続けることは簡単ではありません。

ジムでのジョギングを継続させるためのコツは、ライバルを見つけることです。自分以外にマシンを利用している人を見つけて、「あの人よりは長く走ってやろう」と思うこと。サウナで、「こいつには負けないぞ」と勝手にライバルを見つけて、「我慢比べ」をするのと同じです。対抗心を持つと、意識にもハリが出て、ジョギングのモチベーションが高まります。ライバルに勝利したときには、静かな充実感を感じられることでしょう。

他の利用者に負けることが少なくなってくれば、マシンのスピードを上げて自分にさらなる負荷をかけましょう。競争心を持って走ると、室内のジョギングも楽しくなります。

音楽×ルームランナー

ルームランナーを使えば、自宅の中でも走ることができます。ちょっと外まで出て走るつもりにはなれない、という人は、ぜひとも導入してみると良いでしょう。しかし、誘惑が多い自宅内では、ジム以上にジョギングの緊張感を保つことが困難です。

自宅で長くジョギングを続けるためには、音楽を使うことをおすすめします。あらかじめお気に入りの音楽を集めたプレイリストを作って、ルームランナーの横で流します。リズムに合わせてマシンの速度を変え、メロディに合わせて走ると、とてもジョギングが楽しくなるはずです。例えば、ロッキーのテーマを流しながらモチベーションを高めて走り抜くのもいいアイデアです。

工夫をすれば、室内のジョギングも十分に楽しいものとなり得ます。外に出られない事情がある人は、少し頭を使ってジョギングを行いましょう。街のような悪路が少ない分、足へのストレスもずっと減らせるはずです。

▷ いい音を聞きながら走ろう