TOP ▶ 目標!大会出場を目指して… ▶ 新しい自分と出会えるフルマラソン

新しい自分と出会えるフルマラソン

「フルマラソンに出てみたい…」

本気でジョギング、ランニングを続けていると、誰もが自然とそんなことを考えるようになるものです。プロと同じように42.195キロの距離を走れば、もしかするとあなたの価値観まで変わるかもしれません。興味があるなら、アマチュア対象のイベントに参加しましょう。もちろんハードな運動となるので、入念な訓練を怠ってはなりません。

フルマラソンで得られるもの

長い人生の中で、42キロもの距離を自分の足で走り続けることは、おそらくほとんどの人が経験しないでしょう。自分の限界のその先へと挑み、完走したときには、きっとあなたの中で大きな変化があるはずです。「限界なんて頑張ればどうにかなる」「苦しいときは少し歩いて、また走ればいい」…人それぞれに、異なる「教訓」を得るでしょう。
フルマラソンを真剣に走る人たちの中には、「ランナーズハイ」と呼ばれる状態を経験する人も少なくないようです。息苦しさ、足の辛さ、腕のだるさ、そんなものがすべて消し飛び、体が風に運ばれていくような感覚が、ランナーに訪れると言います。そういった、いわば「入神状態」を味わえば、もしかするとあなたの人格まで変わるかもしれません。
もっとわかりやすい収穫もあります。体内の水分を絞り出して完走し、その後に胃に流し込む冷たいビールは、これまで飲んだどんな飲み物よりも美味しいでしょう。

海外の大会でより刺激的に

フルマラソンは、国内ではもちろん、海外の各国でもしばしば開催されています。異国の風景の中を、言葉もわからない人々から声援を受けて黙々と走り続けるのも、なかなか素敵な体験かもしれません。言語でのコミュニケーションができないランナーとも、「一緒に走る」という一体感のもとに、固く結ばれます。もし完走できれば、きっと国内のマラソンでは味わうことができない、圧倒的な達成感を経験できるはずです。
フルマラソンは、残念ながら走り始めて1カ月、2か月の初心者に完走できるようなものではありません。ガッツリと訓練を積んで、体力を作ってから参加してみましょう。自分の壁を超えて見事ゴールしたときには、言葉にできない感動が待っています。