TOP ▶ 目標!大会出場を目指して… ▶ ハーフマラソンで本物のランナーに

ハーフマラソンで本物のランナーに

ジョギングの目標として、ハーフマラソンを設定してみるのも悪くありません。「大会に出よう!」という意識があれば、毎日の走りもきっと楽しくなります。最初からいい成果を上げられるはずもありませんが、ひとまずは完走を目指してチャレンジしてみましょう。

ん? ハーフマラソン?

もしかすると、ハーフマラソンのことをご存じでない方もいるかもしれません。ハーフマラソンとは、約21キロの距離を、他の数多くのランナーと共に走る競技です。フルマラソンが42キロであることから、その半分という意味でハーフマラソンと呼ばれています。

ハーフマラソンは一般的には県規模で行われるイベントで、地元や国内外から何人ものマラソンファンが集まります。健康目的のために走る人、結果を出したくて走る人…参加する人ごとに目的は異なります。もちろん、ダイエットのために走っても問題ありません。

ハーフマラソンの魅力とは!?

普段のトレーニングから20キロもの距離を走っている人は、あまり多くないはず。ハーフマラソンで走る距離は、大体の人にとって「未知の領域」になります。自分の限界に挑んで、その壁を突破し、すべてを走り抜けたときは無上の快感に包まれるでしょう。

また、普段は一緒に走ることのないランナーと交流し、励まし合い、そして競いながらゴールを目指す感覚も刺激的です。前の人の背中を見て、「この人にだけは負けるか」という気持ちで足を送り続ければ、あっという間に20キロの距離は走破しているでしょう。

1人で孤独に走るよりも、ライバルを意識しながら走った方が楽しいに決まっています。

より深いマラソン通になるために

ハーフマラソンに出場した後は、きっと走ることが以前よりもずっと好きになっているはずです。目的を持って走る快感を知ると、「走りたい!」という気持ちが抑えられなくなります。あなたの心を内側からランナーに変えてくれる、それがハーフマラソンです。

ジョギングは、ただ漫然と走っていても、なかなかモチベーションを維持しにくいものです。たまには「ハーフマラソンに出よう」という意識を持ってトレーニングに励むことも大切ではないでしょうか? 興味がある方は、ぜひともチャレンジしてみてください。