TOP ▶ ジョギング以外も試そう! ▶ 筋トレが運動能力とカッコ良い見た目を手に入れられる理由

筋トレが運動能力とカッコ良い見た目を手に入れられる理由

筋トレ 有酸素運動だけでなく、無酸素運動も同時に行うことでより健康的でカッコ良い肉体をつくり上げることができます。ジョギングなど酸素を取り入れながらの運動は脂肪燃焼に効果的です。生活習慣病の予防や肥満の解消に良い運動ですね。その逆にほぼ無呼吸かつ瞬間的に力を使う運動が無酸素運動になります。筋力を大きく強く鍛えるのに向いているエクササイズです。無酸素運動を定期的に行い、カッコ良く健康的になりましょう!

有酸素運動と無酸素運動

運動には大きく分けて2つ種類があります。有酸素運動と無酸素運動です。前者は当サイトでもとりあげているジョギングを始めとした「酸素を取り入れながら体を動かす運動」になります。後者は筋トレや短距離走など「ほぼ無呼吸の状態で体を動かす運動」です。

有酸素運動の特徴としては酸素を体に入れながらの運動なので、脂肪燃焼効果が非常に高いという点が挙げられます。ダイエットに向いているエクササイズというわけですね。

一方、無酸素運動の脂肪燃焼効果はそれほど高くはありません。その代わり、大きい筋力がつきやすく、基礎代謝アップをしやすいというメリットがあります。

ダイエットや健康増進のためには、有酸素運動と無酸素運動それぞれをバランスよく行うことが大切です。両者を適度にこなすことで脂肪燃焼効果が高まりますし、日々の生活を楽に送ることができるようになるでしょう。

見た目を整えることができる

無酸素運動は筋力アップがメインとなります。基礎代謝アップだけでなく、運動能力のアップやスタイルの向上などを目指すことができます。つまり、筋力を高めることで外見を整えることができるのです。

近年、スラっとした体型なのに服を脱ぐと薄っすら腹筋が割れている、そんな細マッチョと呼ばれる肉体が人気です。ガチガチに鍛えあげるのではなく、自然な雰囲気で筋肉がついている体が女性からも好まれやすいんですね。筋トレをすれば健康になれるだけでなく、カッコイイ中年とか、年齢を感じさせないスマートな紳士になることができるわけです。有酸素運動と組み合わせることで絶妙なバランスの細マッチョを目指していきましょう。

素敵男子になる筋トレ部位

では実際にどのような部位を鍛えると良いのでしょうか?細マッチョになれるような、部位別の筋トレの仕方をご紹介していきます。

・腹筋と背筋
細マッチョ最大のポイントは腹筋と背筋です。鍛えることで細くスッキリとしたお腹や腰回りになることができます。また、特別な器具を使わなくても鍛えることができますし、比較的成長しやすいという特徴があります。1日30~50回程度の筋トレでも1ヶ月もすればそれなりの見た目を手に入れることができるでしょう。ジョギングを始めとした有酸素運動と組み合わせて中年太りしたお腹を解消してみてはいかがでしょうか。

・胸筋
胸筋も細マッチョ体型には欠かせない部位となります。実は女性と同じように、男性も歳を取ると胸が垂れてきます。乳首の位置が下方向に向いてしまって、タレ目のパンダのような見た目になってしまうんですね。そんな見た目の悪さを解消するのが胸筋の筋トレです。腕立て伏せなどでも鍛えられますし、鉄アレイなど簡易な器具でも鍛えあげることができます。

・肩
胸筋とともに鍛えておきたいのが肩の筋肉です。この部位を鍛えると肩幅が広がり、男らしい後ろ姿を作り出すことができます。三角筋や僧帽筋といった筋肉を鍛えるには負荷をかけたトレーニングが非常に有効です。鉄アレイなどを用意して効果的に鍛えていきましょう。