TOP ▶ 走れば体もすっきり~健康効果に迫る ▶ ジョギングをより効果的にする食事

ジョギングをより効果的にする食事

効果的にする食事 ジョギングの目的にダイエットを挙げる人は老若男女問わず多いはずです。しかし空腹の状態でジョギングをしては危険です。ダイエットが目的であったとしても、食事を摂って走ることが大事です。

長く走るカラダになるために

しっかりと長くジョギングできれば、体力がついてきて健康になれることは間違いなし。しかし食事を摂らないで走っていると必ず体に支障が出ます。長く、速く走ることができる体になるためには、まずはアスリートの食事をお手本にしてみましょう。きっと目的に合う食事方法が見つかるはず。

多くのアスリートが食事法を実践している

大会で競うアスリートにとって、練習はもちろんのこと、食事がとても大事です。アスリートたるもの、自分の体に合った食事をすることも競技人生の一部です。トレーニングだけではなく食事も欠かせない要素なんですね。

人間が必要とする基本となる栄養素は「糖質、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミン」の5つです。この5大栄養素をいかにしっかり摂るかが運動をする上でのポイントになってきます。アスリートならば栄養についても詳しく知っている選手も多いでしょう。しかしさすがにそこまでは一般人では考えていられません。

日々過酷なトレーニングで体を鍛えているアスリートの食事には特別な秘密があると思われていますが、実は大事なことは2つだけ。それは「バランスよく食べる」「3食しっかり食べる」ということです。

「え!?そんなの普通じゃないか」と思われるかもしれません。しかしあなたの食生活を振り返ってみて下さい。深夜に帰宅してお酒だけ飲んで寝てしまうとか、朝ご飯を抜いたりとか、不規則な生活の中で欠食していませんか?それでは体は安定しません。

これはジョギングだけではなく普段の生活にもいえること。バランスの良い食事という面でもそうです。スタミナをつけようと肉ばかり食べても、結局スタミナにはなりません。女性とデートしているときも、急にスタミナをつけようとして精力的な食事をしてもすぐには下半身には反映されませんよね。それどころかバランスの悪い食事が遠因となって生活習慣病やEDになってしまうこともあります。糖尿病や高血圧などは自覚症状があまりないので気づきにくいものですが、EDは比較的症状に気づきやすいもの。それをきっかけに食事や生活習慣を見直すケースもあるようです。

なお、EDの悩みには、今では信頼できるクリニックでED治療薬を処方してもらえますので、いざというときの為にインターネットで調べておくことをおすすめします。しかし体力的に安定させたいと思う方はやはり普段の食事を気を付けましょう。

ジョギングを楽しむためには、普段の食生活をきちんと3食摂り、バランス良く食べること。こんなシンプルな考え方を実践することで、普段の生活や健康状態も改善していくんですね。