TOP ▶ ジョギング以外も試そう! ▶ 超優秀な有酸素運動!プールエクササイズのメリットとは?

超優秀な有酸素運動!プールエクササイズのメリットとは?

有酸素運動 水泳は非常に優秀な有酸素運動です。ジョギングは手軽に行える運動ですが、膝や腰への負担もありますし、肥満体型や運動不足の人はなかなか手が出しにくい…という方もいるようです。そんな時はぜひプールでのエクササイズを行ってみましょう。体への少ない負担と高い運動効果など多くのメリットがある水泳についてご紹介します。

水泳は優秀な有酸素運動です

有酸素運動の代表的なものと言えばジョギングやウォーキングを思い浮かべるのではないでしょうか。比較的手軽に始められますし、走る・歩くといった人間の基本動作であるため、何歳になってもできるというメリットがあります。

では、水泳はどうでしょうか?実はプールでのエクササイズもジョギングやウォーキング同様に優秀な有酸素運動であると言われています。「泳ぐ時って息を止めるよね?」と思う方もいるかもしれません。確かにそうなのですが、息継ぎをして体にたくさんの酸素を取り込みますよね。また、水中歩行などの場合は息をしながら歩くことになります。ですから、水泳もまた有酸素運動であると言えるんです。

水泳が持つ4つの運動効果とは?

脂肪燃焼効果が高い有酸素運動の代表と言えばジョギングですが、水泳もかなり優秀なエクササイズとなります。陸上の運動とは違う、水中ならではの特別な4つの効果をご紹介します。

・浮力
みなさんご存知かと思いますが、水には浮力があります。空気中に比べて水中は体重が約10分の1になると言われていて、体への負担が非常に少なくなるのです。たとえば、膝や腰などの状態があまり良くない人や肥満体型で運動が難しい人、そういった方でもプールならば負担なく体を動かすことができるのです。運動不足で体力などに不安がある人は水泳から始めるのもよいでしょう。

・水圧
水中には水圧と言うものがあります。それによって体全体が圧縮され、血管や筋肉もギュッと押されるようになります。その結果、血流がアップしやすくなりますし、腹式呼吸が促されるようになるので、脂肪燃焼効果が高まりやすいというメリットがあるのです。水圧のあるプールでは強度の高い運動をせずとも、酸素の取り込みや血流のアップによって、運動効果を得ることができるようになります。

・水温
ほとんどのプールでは30度前後の水温に調整されています。体温よりも若干低い温度になっているのでそのままだと体は冷えていってしまうんですね。そこで脳が体温低下を防ぐために、血管の収縮や心臓の機能を活発化させるように命令します。つまり、体の各器官が体温上昇のために激しく動き出すというわけです。それはエネルギーを大量に使う働きとなりますから、結果的に脂肪燃焼効果も高まりやすくなります。

・抵抗
水の密度は空気の800倍程度と言われています。ちょっと動くだけでもかなりの抵抗を感じるのは、水中が高密度であるからなんです。空気中よりも動くのに力がいる、つまりそれはエネルギーをより多く使うと言うことです。水中での運動は、脂肪燃焼はもちろんのこと、筋力アップにも効果的であるといえるでしょう。

負担なく体をリフレッシュしよう

プールでのエクササイズは陸上での運動に比べて負担が少ない割に、運動効果が高いという特徴があります。プールのある施設まで足を運ばなくてはいけないので、ジョギングに比べるとやや手軽さには欠けるかもしれません。ですが、それを補って有り余るメリットがあるといえるのではないでしょうか。日々の運動はジョギングで、週に数回はリフレッシュも兼ねてプールに通う。そういったスケジュールにしておけば、飽きることなく運動を継続できるのではないでしょうか。 ぜひあなたのエクササイズにプールを取り入れてみてください!