TOP ▶ グッズから入ったって、いいじゃん ▶ 快適なジョギングをするために必要なバッグの選び方

快適なジョギングをするために必要なバッグの選び方

バッグ 自分に合ったバッグを持てば、ジョギングがもっと快適になります。走る時に持っていくものってどれくらいある?初心者のうちはそんな悩みもありますよね。ジョギングの際に絶対に必要なものやあると便利なものを覚えておきましょう。また距離や時間、またはスキルに応じたバッグ選びのポイントもご紹介いたします。

ジョギング中に何を持っていく?

バッグを選ぶ前に、あなたがジョギング中に何を持っていくのか確認してみましょう。それに応じて入れ物の機能性や大きさなどが変わってきます。ここでは、一般的にジョギング時に必要になるであろうものをご紹介しておきます。

・絶対に必要なもの
まず絶対に必要となるのが鍵やお財布、そして携帯電話です。この3つを持たずに家を出るのはやめましょう。お財布に関しては数千円程度が入った小銭入れで十分です。あとは身元が確認できるように免許証なども入れてあると良いでしょう。これでもし、何らかのトラブルが起きてしまっても対応することが可能になります。

・運動するなら持つべきもの
ペットボトルやタオルも必需品です。ジョギング中は大量に発汗しますから水分補給を適度に行わなくてはいけません。また、流れる汗を拭うためにタオルも持っておきましょう。適度に拭き取ると快適さが増すので長距離・長時間走りやすくなります。また、汗をそのままにすると肌トラブルの元になりますので、なるべく拭き取ることをオススメします。

・あれば便利なもの
最後になくてもいいけど…というものも紹介しておきます。目的の場所があって、そこまでかなり時間がかかる…そんな時は携帯できる食糧を持って行ってもよいでしょう。運動によるエネルギーは脂肪を燃焼することで生まれます。ですが、極度の疲労が起きると筋肉を分解してエネルギーを生み出そうとしてしまうのです。そうなるとせっかくの基礎代謝がダウンしてしまいますよね。適度な栄養補給が長時間のジョギングでは大切です。 他にも、着替えがあれば途中で着替えることも可能ですので持っていても良いかもしれませんね。

短距離のジョギングでは

では実際にどんなバッグがいいか考えてみましょう。ジョギングを始めたばかりで、まだ短い距離しか走れない。または時間があまりないので近所だけを走っている、そういう場合はウエストポーチタイプのバッグで良いでしょう。サイズ的には小さいですが、ペットボトルホルダーがついていたり、携帯ポーチが付属していたりして機能性は十分です。

ただ、このタイプのバッグは揺れやすくて走りの邪魔になることもあります。ジョギング上級者にはやや使い勝手が悪く感じてしまうかもしれませんね。短距離用かつ初心者に向いているタイプと言えそうです。

中長距離のジョギング

ではジョギングに慣れてきてそれなりに距離が走れるようになった方は、どのようなバッグを選ぶべきでしょうか?体にフィットして走りやすいのはベスト型のバッグです。形はまさに服のベストのようで、体に密着させて使用します。荷物の揺れや重さを感じにくく走ることに集中できるのがこのタイプのメリットです。ペットボトル入れや携帯用のポーチなどもついていることがほとんどなので機能性も問題なしといえるでしょう。

ただ、体に密着させている分、暑苦しく感じるかもしれません。また、汗が染み込みやすいので、適度に洗ってあげないといけないという面倒臭さもあります。ジョギングを日常的に楽しむ方ならば、2~3着持っていてもいいかもしれませんね。